民間児童館「北名古屋市子どもセンター」では、
 「エコマーケット」「リサイクルショップ=えこぽけっと」を開催し、
いらなくなった… 遊ばない… 使わない…
子ども向け不用品、日用雑貨を集めて(寄付してもらって)、
ほしい人にあげる活動を行っています。

送ってほしいもの
おもちゃ 文具 学用品 ゲーム 乳幼児用品 子供服 本 日用生活雑貨
ぬいぐるみ・マスコット(ぬいぐるみには条件がありますのでご確認下さい
切手 葉書 テレカ 図書券 文具券 ギフト券 クオカード

 

お 願 い

全国どこからでもご協力をお願いします。

NPO法人青少年活動ネットワーク

 

住民立民間児童館「北名古屋市子どもセンター」

NPO法人なっとわあく師勝

 

 

子ども向けの不用品を

送ってください

できるだけ次の期間に送って下さい。

毎月10日から20日


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

このように利用させていただいています。

子どもの地域活動として、
子どもたちとボランティアが運営する
買い物体験=エコマーケット=「えこぽけっと」を行い、売上を使って、
子ども向けのイベント(合宿・映画会・お化け屋敷など)を開催したり、
公園や集会所などへの「遊びの出前」を行っています。

地域子ども会、地域子どもクラブ、居場所づくりなどで使っています。

民間児童館、児童養護施設、障害児福祉施設・事業所、高齢者福祉施設などに利用してもらっています。

子どもたちの活動に使えない高価な物などは、業者に買い取ってもらっています。

東日本大震災の義援金を計12万円(2011.3~2012.2 毎月1万円)送りました。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

発送は、宅配または郵便でお願いします。
元払い」で送ってください。
「着払い」では送らないでください。
連絡なしで、いきなり送っていただいてかまいません。

《送り先》

〒481-0004
愛知県北名古屋市鹿田大門70-1
青少年ネット
 

(宅配の伝票に書く送り先電話番号。電話による問い合わせはできません。)
0568‐21‐2310

 

 

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

 

送っていただきたい不用品

0~18才の子どもと家庭のための遊び・生活用品
新品でも、中古品でも、使える、遊べる物なら何でも

おもちゃ

子どもが遊ぶおもちゃなら何でも。
説明書はないけど遊べそうなおもちゃ。
フリマやバザーの売れ残り、ゲームの景品、おまけや記念品、
こまごまとした(大人から見ると)ガラクタのような物。

おもちゃ、ブロック、
プラレール、ミニカー、プラモデル、鉄道模型
ガチャガチャ(ガチャポン・ガシャポン)、食玩、
ソフビ人形、きせかえ人形、オルゴール、アンティークな人形やおもちゃ
水遊び用品、スポーツ用品、子どもが楽しめる飾り物・土産物など。
こわれているものや部品の足りないものには、メモを書いて下さい。
教材の場合は、説明書を一緒に送って下さい。
 

文具・学用品
 
まだ使える物なら何でも。使いかけのものもOK。
ノート、メモ帳、便せん、封筒、絵葉書、いろがみ、画用紙、
レターセットの残り、ファイル、クリアファイル、
粘土・紙粘度、フェルト、セロファン、プラ版
ノート、絵の具・画材、筆記具、筆箱、鉛筆削り、消しゴム、下敷き、定規、事務用品、
クレヨン、シール、貯金箱、楽器(小物)、額縁 など
 

ぬいぐるみ・マスコット・クッション

クリーニングをしていますので、汚れていてもかまいません。
ぬいぐるみなどは保管、クリーニング(洗濯)など
引き取り先が決まるまでの費用などに経費がかかり困っています。
下記の寄付品(はがき、切手、テレカ、商品券など)
ミカン箱1箱ぐらいの量に対して2000円分以上を
リサイクル費用として一緒に送ってください。
(この理由は、
下記の「問・答」をお読みください。)
新品の場合も同様です。

他の不用品と一緒に送っていただいてもかまいません。
他の不用品と一緒に送る時は、ぬいぐるみの汚れやほこりが広がらないように
ぬいぐるみまたは他の不用品を袋に入れてください。
また、洗濯用品(洗剤、漂白剤、柔軟剤)がありましたら
一緒に送っていただけると助かります。
 
 

子ども服・子ども用生活用品

子ども服は、クリーニング(洗濯)してあるもの
0~18才を対象にしています。
サイズ・季節は問いません。

服、ベルト、帽子、靴、スリッパ、エプロン、
バッグ、ポーチ、リュック、財布、貯金箱、小物入れ、アップリケ など
 

本・絵本・音楽CD・ビデオ・DVD

 

ゲーム用品

なつかしい遊び道具、ゲーム用品、マジック用品、
知恵の輪、ジグソーパズル、ポケットゲーム、トランプ
CD・DVDソフト、TVゲームのソフト
 

日用生活小物・贈答品

家庭の助けになるようなもの

台所用品、食器セット、贈答品(使い残りOK)、

ハンカチ、タオル(社名入りもOK)、バスタオル、ふきん、バンダナ、エプロン
石けん、洗剤(台所用・衣類用)、ラップ、アルミホイル、クッキングペーパー、キャンドル、
ティッシュペーパー、入浴剤、芳香剤、洗濯・掃除用品、カー用品(小物)、キャンピング用品(小物)
お皿、コップ、マグカップ、ランチマット、コースター、箸、スプーン、箸置き、テーブルクロス、

バッグ、セカンドバッグ、財布、ポーチ、トートバック、買い物袋、
手鏡、小物入れ、きれいな空き缶・箱などの容器、写真立て、小さな棚、バケツ、花びん、
時計、砂時計、折りたたみ傘、アクセサリー、クッション、毛布、ブランケット、枕、
手芸用品、ソーイングセット、おふろセット、旅行セット、
バケツ、掃除用品、園芸用品、
ジューサー、ミキサー、コーヒーメーカーなど、小物の電化製品、

カメラ、デジタルカメラ、8ミリビデオカメラ、デジタルビデオカメラ・DVDカメラ、ラジオ、ラジカセ、
CD・MDプレーヤー、DVDプレーヤー、ノートパソコン、パソコン周辺機器

日曜大工道具、小型の収納用品
未使用の化粧品・救急用品
缶詰、未開封・賞味期限内の食品 など。

家庭で使えるものなら新品・中古・使いかけ、何でもいいです。
 

こんな物も・・・

エコバッグ
毛糸で編んだアクリルたわし
国産木材(間伐材など)を使用した割りばしなど木製品
クッション・枕・座布団のカバーでファスナーがあるもの
貝殻・サンゴ・星の砂
きれいでかわいい小石・めずらしい小石
化石・隕石・月の石・火星の石・金星の石
四つ葉、五つ葉、六つ葉・・・のクローバーの押し葉
葉脈標本・岩石標本・昆虫標本
余ったビーズ
花の種、花の球根
映画のパンフレット・ポスター
趣味で集めた、きれいに整理された古い切手、切手帳
カードゲームやトレーディングのカード類(ポケモン、ベースボールなど)
古いおもちゃや人形(フィギア・ソフビニ)
着せ替え人形(りかちゃん・バービー…など。古いものでもOK)
プラレール・鉄道模型


 

 寄付品を送ってください

 

いつでも受け付けています。


不用品といっしょに
送っていただいてもかまいません。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

地域の子どもと青年の自主活動を支える寄付品の提供にご協力ください。

民間児童館「北名古屋市子どもセンター」は、
参加費収入と寄付だけで運営しています。

民間児童館の会場費(家賃)にあてています。
現在は赤字で、足りない分は個人の寄付金に頼っている状況です。

ぜひご友人、お知り合いにも呼びかけていただいて、たくさん送ってください。

どこからでも、どなたでもご協力お願いいたします。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

 

 

送っていただきたい寄付品


未使用の切手

ハガキや封筒にに貼ってある切手、古い切手、記念切手、収入印紙などもOK
 

未使用のハガキ

年賀ハガキなどお年玉・くじ付き、往復ハガキ、古いハガキなどもOK
 

書き損じのハガキ

切手の部分が印刷などで汚れていてもOK
返信用ハガキもOK
 

図書券・図書カード

使いかけのカードもOK

 

各種商品券

ギフト券・ビール券・お米券・旅行券・オレンジカード など


 

未使用のテレホンカード

古いもの、自由デザイン、広告・販促のものもOK
 

クオ(QUO)カード

古いもの、使いかけのものもOK
 

貴金属・宝石・ブランド品

貴金属や宝石を使ったアクセサリー、置物、メダル、食器 など
箱や袋がなくても、古い物でもOK
高価な物の場合は、説明のメモをお願いします。

 

 《送り先》(不用品と一緒に送っていただいてもかまいません。)

〒481-0004
愛知県北名古屋市鹿田大門70-1
青少年ネット
 
TEL.0568‐21‐2310

《問い合わせはメールでお願いします》→mail

 

 

 

Q&A・・・質問がありましたので、おもなものにお答えします。

 

 

(問)エコマーケット(バザー)=「えこぽけっと」の様子

 

(答)コンビニくらいの大きさの店舗を借りて

「こみゅにてぃはうす」という自主事業の公民館を実施しており、

その一部を使ってエコマーケット「えこぽけっと」を実施しています。

開店は、毎日3時~6時までの3時間で、年中無休の予定です。

「えこぽけっと」では、買い物のほか、

遊んだり、勉強したり、弁当を食べたり、

おしゃべりしたり…いろんなことができる、

子どもや地域の人たちの集いの場になっています。

「えこぽけっと」での売値は、1円から300円です。

子どもだけで買い物ができるようにしています。

平均すると子どもは1人200円ぐらい買っていきます。

 

 

 (問)エコマーケット(バザー)の目的(ねらい)は

 

(答)子どもの遊びや学習用品や生活用品などを

子どものお小遣いの範囲で買えるようにすることで、

①子どもの買い物体験の場、

②子育て支援として子育て経費の軽減、

③家庭の生活支援になっています。

また、エコマーケット「えこぽけっと」を通じて、

異年齢や異世代の交流や支えあいが生れています。

 

 

(問)この活動はいつからやっていますか。何を参考(モデル)にしてはじめましたか。

指導者の方はどんな苦労がありましたか。

 

(答)1969年の春、近所のお寺の本堂の前で、近所の小学生5,6人が、

おもちゃを持ち寄って交換ごっこを始めたのが最初です。

当初は、TV「ウルトラQ」の『カネゴンの繭』の冒頭のシーンの真似事でした。

その後定期的に開催し、子ども会として畑や空き地で

現金によるお店屋さんごっこ(ガラクタ市、青空バザーなど)を始めたのが、1972年。

1977年から、町内の公民館や保育園などを会場にして「子どもフリーマーケット」と名づけて開催しました。

「子どもフリーマーケット」は、ガラクタ市という名称では会場を使わせてもらえず、

そのころガレージセールというのがありましたが、ガレージでやるのではないので

テレビで見た、どこかの国のフリーマーケット(蚤の市)から名づけました。

毎月開催したり、毎週開催したり、気軽に開催していました。

あちこちでフリーマーケットが自由市場として開催されるようになり、

「蚤の市=不用品バザー」ということで、1992年、どこも使っていない「エコマーケット」と名づけました。

2001年から、インターネットでも不用品の寄付の呼びかけを始めました。

会場使用料やPRのための費用がかかり、なかなか気軽に開催できないこともあり、

店舗を借りてエコマーケット「えこぽけっと」を年中無休でスタートしたのが2008年1月でした。

2008年12月には、市内の公共施設3か所で出前「えこぽけっと」を開催しました。

 

2009年春で40年続いている活動ですが、指導者のような人はいません。

イベントでなく、生活や仕事のように日常の一部になっています。

その時その時にやりたいことをやって来て今があるだけです。

 

 

(問)ボランティアの方が運営されているようですが、御苦労さまです。

ボランティアでこれだけのことが続けていける秘訣がありましたら教えていただけますか。

 

(答)無理なことや、やりたくないことはやらない事です。

だから、「臨時休業」にすることもあるということです。

そして、集まった不用品で使える物をあげています。

これまであげた物は、お米券、しょうゆ券、アイスクリーム券、シャンプー、

タオル、せっけん、洗剤、入浴剤などがあります。

 

 

(問)寄付品や売上、活動経費などの財政状況について

 

(答)月によって異なりますが、平均的な月間の財政状況は次の通りです。

収入:エコマーケット売上(70,000円)・寄付品(90,000円)

収入計160,000円

支出:エコマーケット会場使用料(120,000円)・倉庫使用料(50,000円)

ぬいぐるみ等クリーニング経費(10,000円)

子ども向けイベント開催(10,000円)

支出計190,000円

赤字分は、他の活動の収益や個人の寄付金で補てんしています。

子どもの指導やエコマーケット(バザー)の店員、運搬などはボランティアで行っています。

売上は少しずつ伸びているので、続けていけそうです。

 

 

(問)切手などの寄付品の利用について

 

(答)出来るだけ活動のために直接使っていますが、

ほとんどは、他の団体や会社や金券ショップで

できるだけ高価になるように買い取ってもらってしています。

 

 

(問)現金で募金をしたい(振り込みしたい)のですが、募っていますか。

 

(答)これまで、このリサイクル活動で現金を募ったことはありませんが、

現金はありがたいです。ぜひ振り込んで下さい。

ただ、使い道としては、青少年ネットを通じて、お金を必要としている福祉施設などに送る、などです。

たとえば、児童養護施設の子どもたちが買い物体験に来る時の交通費に当てる、とか。

 振込先口座

三菱東京UFJ銀行 西春支店 普通 1698391

特定非営利活動法人青少年活動ネットワーク

へお願いします。

 

(問)送られて困るものはどんなものですか

 

(答)大きくて重い物や、

遊べないほど壊れているものや

クリーニング出来ないほど汚れているものは困ります。

 

 

(問)我が子(低学年)が箱詰めした物があります。

中身を見ていないので詳しくはわかりませんが、

半分ぐらいぬってあるぬり絵や、折って広げた折紙や、紙の切れはし、

広告の写真や漫画の絵の切り抜きを貼ったノート、・・・・が入っていると思います。

使えないものがありましたら、処分してください。

 

(答)たしかに処分したものもありますが、

お子さんの気持ちを大切にし、できるだけ利用させていただいています。

「まだ使える物」の基準が子どもと大人では違うようです。

使える物かどうかより、お子さんが自分で箱詰めしたことの方がとっても大事なことです。

お子さんの箱に入っていた手紙にはこんなことが書いてありました。

「・・・ぬりえは、かおとけしきと・・・がまだぬっていないのでぬってください。・・・」

 

 

 

(問)ぬいぐるみに対してのリサイクル費用の根拠は

 

(答)ぬいぐるみは、時間をかければ引き取り先(リサイクル)は見つかるのですが、

引き取り先が決まるまでの経費を

ぬいぐるみの売り上げだけでなく、他の物の売り上げの多くを回し、

売上を使ってのイベントの開催やあそびの出前活動が出来ない状況です。

現在、「えこぽけっと」の約3分の1のスペースに

ミカン箱約20箱分のぬいぐるみが並んでいます。

これまでの実績から、およそ2カ月でほとんど売れていき順次在庫を補充しています。

このことから、経費として場所代が、12万円×1/3×2カ月=8万円

1箱あたりでは、8万円÷20箱=4000円

このほか、在庫保管用倉庫代やクリーニング費用がありますが、算出が難しいので省きます。

収入としては、1箱分のぬいぐるみに対して、

200円~1500円、平均するとおよそ1000円ほどの売り上げになります。

ここから、1箱あたり、4000円―1000円=3000円が赤字となって

他の物のの売り上げや寄付で穴埋めしていた状況でした。

改善策として、いくつか案が出て検討しました。

会場費の安い場所も検討しましたが、

常設で、毎日開店できる場所としては高いわけではないということで今のままで続けます。

ぬいぐるみ以外の物の売り上げについては、黒字なので、

ぬいぐるみの扱いを止めるまたは制限するという案がありましたが、

売れる物だけを集めるということはリサイクル活動ではない、ということでこれまで通りとしました。

フリーマーケットなどで、ぬいぐるみの店を出すことも検討し、

単発だし売り上げも未知数ですが、やります。

このリサイクルと子どもの生活支援の活動を支えているのは、不用品を提供していただく方と、

「えこぽけっと」に買い物をしてくれる子どもたちや地域の人々

そして「えこぽけっと」を運営しているボランティアの方々です。

そこで、不用品を提供していただく方にもご協力願えないだろうかということで、

ぬいぐるみのリサイクルの状況をご理解いただき、

2000円以上のご協力を

不要な寄付品(切手、テレカ、商品券など)でお願いするに至りました。

ご理解ください。

 

 

(問)ぬいぐるみの量のミカン箱とはどのくらいの大きさですか。

どのように計ればいいですか。

圧縮パックに詰めた状態で計算してもいいですか。

ミカン箱より少ない場合はいくら分送ればいいですか。

 

(答)18000㎤(立方センチメートル)=18L(リットル)

大人がひとかかえできる分ぐらい。ランドセル2つ分ぐらい。

厳密なことではありませんから、およそでかまいません。

普通の状態や、箱の形が崩れない程度に詰めた状態で考えてください。

送るために圧縮パックやビニール袋に圧縮パックすることはかまいません。

「およそ半分くらいの量なら1000円分」というように、割合として考えていただければいいです。

 

 

(問)処分したいぬいぐるみがたくさんありますが、

リサイクル費の切手や商品券が足りないし、お金もありません。送料は何とかあります。

何か良い方法はありませんか。

 

(答)ぬいぐるみを選んで、リサイクル費用がある分だけを送っていただき、

ご家族やご友人にお願いして、切手や商品券やテレカなどを集めて、

集まった時にまた送る、というように、無理なく送っていただいてはどうでしょうか。

 

 

(問)同じキャラのぬいぐるみが大小色々で大量にありますが、送ってもいいでしょうか。

それから、いくつかの箱に分けて送る場合のリサイクル費用としての寄付品は、

それぞれの箱に入れるのでしょうか。まとめてどれかの箱に入れるのでしょうか。

雑貨の箱もありますが、そこにリサイクル費用の寄付品を入れてもいいのでしょうか。

古い切手帳も送りますが、リサイクル費用の寄付品と分ける必要がありますか。

 

(答)かまいません。ぜひ送ってください。

寄付品は、どのように送っていただいてもかまいません。

寄付品とリサイクル費用としての寄付品を分ける必要はありません。

 

 

(問)ぬいぐるみは引き取り先が決まらなかったらどうなりますか。

 

(答)クリーニングしても汚れがめだつものは処分していますが、

ほとんどはエコマーケット「えこぽけっと」で売ったり、施設に寄付しています。

引き取り先が決まらないもの、売れないものがあったら、

(供養として)2か月程度子どもたちに遊んでもらって、その後で処分することになります。

また、処分するぬいぐるみの綿と古着を使って座布団やクッションづくりをすることもあります。

 

 

 

(問)会社から不要な切手はがきテレカを送ろうと思いますが、

会社のPRやアンケートが印刷してあるはがきや、販促用のテレカでもよろしいですか。

NPO法人名で領収書は発行していただけますか。

また、寄付金は受け付けていますか。

 

(答)ぜひ送ってください。

印刷してあっても未使用であればかまいません。

その旨をメモにして一緒に送っていただければ、折り返し受領書を送ります。

寄付金は次の口座で受け付けています。

振込先口座

三菱東京UFJ銀行 西春支店 普通 1698391

特定非営利活動法人青少年活動ネットワーク

 

メールでご連絡いただければ、確認後、領収書を送ります。

 

 

(問)不用な貴金属アクセサリーを送ってもいいですか

 

(答)不用品として送っていただいた安価なアクセサリーも役立てています。。

もし高価なものでしたら、袋や箱に入れるなどして、他の不用品と区別して送ってください。

価値が分からない場合は、そのまま送っていただいてもかまいません。

なお、高価な貴金属やアクセサリーは、業者に売り、寄付金とさせていただきますことをご了承ください。

また、貴金属やアクセサリーのほか、ブランド品など価値の高いものも受け付けています。

 

 

(問)古いアクセサリーなので、

くすんで輝いていない物や、さびのようなものがついている物もあります。

磨けばきれいになると思いますが、磨き方が分かりませんので、輝いていないままです。

母からもらった物もあり、鑑定書もなく、材質も分かりません。

このような物がほとんどですがお送りしたらご迷惑でしょうか。

きれいな物だけ選んで送った方がよろしいでしょうか。

 

(答)ぜひ送ってください。

アクセサリーをきれいにすることができるようになってきました。

それぞれ状態に合わせて、できるだけ役立てています。

材質も専門家に(ボランティアで)鑑定してもらっています。

見た目だけでは分からないこともありますので、選ぶ必要はありません。

 

 

 (問)思い入れのある記念の貴金属(指輪)なんですが、

子どもたちのために役立てていただけるならと、寄付しようと思います。

ただ、ネームが彫ってあるので、このまま送っていいのか心配です。

 

(答)ネームが彫ってあってもかまいません。

ネームが彫ってあると価値は下がるようですが、

寄付は金額の大小ではありませんので、気になさらないでください。

また、貴金属のほとんどは、業者に買い取ってもらい、お金に形を変えて、活動に役立てています。

その貴金属を作った思いをつなげていくために、手紙(添え書き)をつけていただけると、

思いも一緒に活動に役立てていけると思います。

 

 

(問)貴金属ではありませんし、高額なものではありませんが、宝石を送ってもよろしいでしょうか。

お金に換えて寄付金として社会の役に立てたいと思っていましたが、

お金ではなく物を送ってほしいという皆さんの活動に、

物だけでなく物に宿った心を大切にする優しさを感じました。

 

(答)ぜひ送ってください。

よろしければ、大切なものを手放し、社会のために役立てようとの思いもそえてください。

詳しいことはよくわかりませんが、鑑定書のようなものがあれば一緒に送ってください。

 

 

(問)母の遺品ですが、アクセサリーなどを送ってもよろしいでしょうか。

 

(答)遺品であることをお書き添えいただいて、ぜひ送ってください。

 

 

(問)お子さんたちの買い物体験には使えないような大人向けの物や、高額な物

送らない方がいいでしょうか。

 

(答)ぜひ送ってください。

中心にしている活動は、子どもたちの遊びや生活体験や仲間づくりや学びを育てることです。

その時に必要なお金を参加費や材料代として集めていました。

ところが、地域には、家庭の事情でお金が出せず、子どもの時期に必要な体験が出来ない子どもたちがいます。

その費用を稼ぎだそうと子どもたちの中で始まったのが、エコマーケット(=リサイクルショップ)です。

エコマーケットでは使えないような物は業者に買い取ってもらい寄付金にしています。

ですから、子どもたちの活動の費用が必要なので、高額な物は大歓迎です。

 

 

(問)○○○円で購入したアクセサリーがありますが、お役にたつでしょうか。

それとも寄付品としてお送りした方がよろしいでしょうか。

不用品と寄付品の区別を教えていただけますか。

 

(答)ぜひ送ってください。

送っていただく時に、不用品と寄付品の区別はしなくてもかまいません。

おもちゃも日用品も寄付品も、ごちゃごちゃに送っていただいてかまいません。

ごっちゃに送っていただいた物を、

リサイクル活動で役立てる不用品と、お金に換えて役立てる寄付品に分けて役立てています。

 

 

(問)当選しているはがきを送ってもよろしいですか。

また、少額当選の宝くじを送ってもよろしいですか。

 

(答)どのように当選しているかのメモと一緒に、ぜひ送ってください。

 

 

(問)趣味で集めた古い記念切手(バラや切手帳)がありますが、役に立ちますか。

 

(答)ぜひ送ってください。

今の子どもたちに趣味とかコレクションを知ってもらうよい教材になりそうです。

物によっては、趣味にしている人などに買い取ってもらっています。

 

 

(問)小さなものですが、骨董品に近い古いおもちゃやカードや

消しゴムおもちゃ、プラモデル(未開封)などがあります。

古いものでもいいようですが、子どもたちの好みに合わないか心配です。

 

(答)ぜひ送ってください。

今の子どもたちが興味を示さない時は、

市内の資料館で生活用品や玩具を集めているので、そこに寄付したり、

骨董品として価値があるものは、業者に買い取ってもらっています。

 

 

(問)古い商品券がありますが、役に立つでしょうか。

古くてもかまいません。ぜひ送って下さい。

 

 

(問)切手などの持ち合わせがないので現金での寄付は出来ますか

 

(答)切手を購入していただき一緒に送っていただくか、

寄付金として振り込むことができます。

振込先口座

三菱東京UFJ銀行 西春支店 普通 1698391

特定非営利活動法人青少年活動ネットワーク

へお願いします。

振り込んだ事を知らせるメモを不用品と一緒に送っていただく、

または、メールで一報いただけると幸いです。

 

 

 

(問)不用品のリサイクルやバザーを楽しんでいる様子に感動しました。

心地よいカルチャーショックです。

何か変わったリサイクルがありましたら、教えていただけますか。

 

(答)いつもやっているわけではありませんが、たとえば…

宅配で送っていただいた大きな段ボール箱をつなげて、迷路やトンネルを作って遊んでいます。

使いかけのクレヨンは、幼児のお絵かきやイベントの落書き用に使っています。

引き取り先の決まらなかったぬいぐるみの綿を使ってクッションや座布団を作っています。

名入りのタオルは、近所の工場で使うウエスとなっているようです。

 

 

(問)家の片づけをやっていたらいろんなものが出てきましたので送ろうと思います。

いくつかのダンボール箱で送りますが、種類ごとに分けた方がいいでしょうか。

何が入っているかを書いておく必要はありますか。

名前が書いてある学用品は送ってもいいですか。

贈答品の食器で未開封ですが、箱がシミなどで汚れてしまっています。このまま送ってもいいですか。

そのほか、梱包するとき注意することはありますか。

 

(答)種類ごとに分けてあった方がいいですが、出来るだけでかまいません。

何が入っているかは書かなくてもかまいません。また「雑貨」と書いていただいてかまいません。

名前は消さなくてもかまいません。

箱に入ったまま送ってください。

そのほか、

汚れているものは出来るだけきれいにして下さい。

汚れやほこりがついているものは、他に広がらないように工夫してください。

 

 

(問)季節に合ったものでなければ受け付けてもらえないのでしょうか。

 

(答)できるだけ季節に合った物の方がいいですが、

倉庫もありますから、季節はずれのものでもかまいません。ぜひ送ってください。

 

 

(問)商品の在庫処分品が大量にありますが、送ってもよろしいでしょうか。

 

(答)小さな活動なので、同じ物が大量にあると活用(リサイクル)が難しくなります。

何回かに分けて、それぞれ1週間以上間をおいて送って下さい。

 

 

(問)何度か送ろうと思いますが、送っていい物や送る方法などの変更はありますか。

 

(答)毎月上旬の更新の時などに、細かい変更はあります。

大きな変更がある時は、ページのトップでお知らせします。

送る前にちょっと確認してもらえれば大丈夫です。

 

 

(問)宅配の伝票の品名を書く欄にはどのように書いたらいいですか。

種類ごとに分けて箱詰めした方がいいですか。

 

(答)「文具など」というように、主に入っているものを書いてください。

いろいろなものを入れている場合は、「雑貨」と書いてください。

汚れやほこりが広がらないようにしてあれば、種類ごとに分ける必要はありません。

 

 

(問)届いているか心配です。

 

(答)何かの事情で届いていないときは、必ず返送されますので、ご安心ください。

 

 

(問)近くなので直接持っていくことは出来ますか

 

(答)不用品の送り先住所は、宅配や郵便にお願いしている、業者受け取り専用の場所(倉庫)なので

「えこぽけっと」にお持ちください。

場所は、〒481-0038 北名古屋市徳重与八杁2-1階

名鉄犬山線「徳重・名古屋芸大」駅から西へ250m南側道路沿いの2階建てのクリーム色の建物です。

1階が「えこぽけっと」で前は駐車場になっています。

時間は、月~金:15時~18時、土・日・祝:13時~18時です。(長期休み中は毎日13時~18時)

なかみが分からないように箱か袋に入れてお持ちください。

ボランティアが店員をしていますので、説明することがありましたら、メモにして入れておいてください。

ぬいぐるみには寄付品(切手、はがき、商品券など)を一緒に入れてください。

 

 

(問)宅配の伝票、書き損じハガキなどに書かれている個人情報の扱いはどのようにしていますか。

他のリサイクル団体のように、確認の連絡やお礼状を送ることはありますか。

 

(答)宅配の伝票は、中身を確認後、廃棄しています。

書き損じのハガキは、そのまま郵便局で交換してもらっています。

他のリサイクル団体のことは知りませんが、確認の連絡やお礼状を送ることはありません。

何かの都合でそのような物が必要な方は、その旨をお書き添えください。

 

 

(問)寄付品について、たくさんあるいは高額な物が集まっても困ることはありませんか。

不用品は、ぬいぐるみなど集まり過ぎると困る(?)ようですが・・・。

寄付品や寄付金が高額に集まると、リサイクル活動に水をさすことにはなりませんか。

 

(答)切手や商品券などの寄付品については、どれだけたくさん、どんなに高額なものを送っていただいても困りませんし、

ぜひ送っていただければ幸いです。

リサイクル活動では、不用品を集めていますが、

寄付品や寄付金で、地域の子どもたちが健やかに育っていくための活動や、

子どもたちが育っていける地域コミュニティを支援する活動をやっています。

お金があったらやりたいことはたくさんありますので、

寄付品や寄付金がたくさん集まって困ることはありません。

今のところは、リサイクル活動は大赤字なので、その補てんに使っています。

もし、たくさん集まって、色々な活動が出来たら、使い道を報告します。

 

 

(問)想定外に高額な寄付金(寄付品)があった時は、どのようにしていますか。

ネットで呼びかけていると、そういった寄付の申し出もあるかと思います。

NPO法人としてどのように対応するのでしょうか。

 

(答)これまでは、多額の寄付はありませんでした。

活動に必要以上の寄付があった時は、

私たちと同様の全国の活動を助成している

独立行政法人国立青少年教育振興機構「子どもゆめ基金」に寄付します。

寄付金の管理は、NPO法人青少年活動ネットワークがおこない、

「えこぽけっと」を含め、全国の子どもや青少年を支援するために使っています。

 

 

(問)インターネットでの検索について。

引越の整理で不用な雑貨の処分先として利用させていただき助かりました。

この情報を友だちに知らせてもいいでしょうか。

ネットで検索するとヒットしやすい言葉があれば教えてください。

 

(答)ぜひ知らせていただきたいと思います。

「えこぽけっと」または「北名古屋市子どもセンター」で検索すると上位でヒットしますので、教えてあげてください。

 

 

(問)ブログやメールで紹介したいのですがよろしいでしょうか。

またそのさい、簡単な紹介文はありませんか。

 

(答)どのように紹介していただいてもかまいませんが、

(送るものや送り方などで)誤解を避けるため、簡単な紹介文はありません。

特に送るものを詳しく説明したり、送り先(青少年ネット)の住所は紹介しないでください。

必ずこのページにリンクするようにアドレスを一緒にはりつけてください。

http://www.sknet2020.com/onegai.html

 


ご提供ありがとうございました

個人情報保護のため、数のみ紹介させていただきます。ご了承ください。
なお、送り主の情報は、他に利用することはありません。

 

 

不用品提供
 

2007年度 1,156名様

2008年度 602名様

2009年度 974名様

2010年度 1,343名様

2011年度 1,562名様

 

 

エコマーケット売上
 

2007年度 64,212円

2008年度 372,431円

2009年度 403,528円

2010年度 789,278円

2011年度 862,321円

 

 

寄付品・寄付金
 

2007年度 161,338円

2008年度 379,753円

2009年度 920,926円

2010年度 1,019,412円

2011年度 1,131,822円

 

 

DSCF0893.JPG

 

DSCF0920.JPG 

DSCF0913.JPG

DSCF1358.JPGDSCF1357.JPGDSCF1355.JPGDSCF1353.JPGDSCF1351.JPGDSCF1349.JPGDSCF1347.JPGDSCF1346.JPGDSCF1345.JPGDSCF1344.JPGDSCF1343.JPGDSCF1342.JPGDSCF1359.JPG




NPO法人青少年活動ネットワーク